水道水の塩素はどこからやってくる?

まずい水ってどんな水?で少しふれた塩素ですが、
いったいどのタイミングで投入されているのでしょうか?

 

水質の汚染が進めば進むほど多くなる塩素、
その投入時期を探りました。

塩素は2回投入されている

一般的には水道水に投入する塩素は、
2回のタイミングで投入されていると言われています。

1回目

これは、採水地の水を貯める貯水槽に投入されます。

山と湖

採水現場の水から、アンモニアやプランクトンなど、
雑菌消毒するために投入しています。

 

これは、伝染病などを予防するためのものです。

2回目

2回目の塩素投入は、
綺麗になった水を流す配水系に投入されます。

水が流れるイメージ

雑菌処理した水を安全に家庭に流すために、
水の通路で安全に送水するために行います。

基準に基づいた塩素

2回も投入されると塩素多すぎるんじゃないか!?

 

と、ちょっと怖くなってしまいますが、
日本の基準で塩素濃度が定められています。

OKサインを出す女性

その基準に基づいて管理人達の家庭までお水を運んでいるのですね。

 

 

蛇口をひねればすぐに出てきてしまう水ですが、
実は管理人達の想像以上に長い距離を旅しているんですね(^^)

水道水の塩素はどこで入るの?関連ページ

ウォーターサーバーの失敗しない選び方と失敗例
ウォーターサーバー選びで失敗しない為の選び方と、口コミで多い失敗例を特集しています。あなたがウォーターサーバーを選ぶときに同じような失敗をしないようにチェックしておきましょう!
お水の種類 天然水とRO水って?
ウォーターサーバーを調べるとよく出てくるRO水と天然水野違いについて解説していきます。
ミネラルウォーターには種類がある
天然水とひとくくりにしてしまいがちなミネラルウォーター。実は4種類に分類されています。ここではその種類の特徴をご紹介します。
おいしい水ってどんな水?
よく、「水がおいしい」と耳にすることはありますが、明確な基準などはありません。ここではどんな水がおいしいと感じるかを解説していきます。
まずい水ってどんな水?
おいしい水とは反対に、まずいお水とはどのような水をさすのでしょうか?ここで詳しく解説していきます。
硬水と軟水の違い
よく聞く硬水と軟水ですが、どのような違いがあるのか簡単にまとめました。
人間の体と水の関係
人間の体は約60%の水分でできているといわれています。その重要な部分を占めるお水と人間の関係を解説しています。
人間に必要な一日の水分量は?
私達人間には必須の水。それでは一日にどれくらいの量を摂取したらいいのでしょうか?お茶やお水、食べ物などに含まれる水分の観点から解説していきます。