水に関する知識記事一覧

このページでは、ウォーターサーバー選びで失敗しないためのコツをご紹介しています。初めての方でもわかりやすいように解説しているので、スラスラ読むことが出来るはずです。このページを読むだけでも、ウォーターサーバー選びが「グンッ!」と楽になりますよ。それでは、「簡単だけど知らないと損してしまう重要な選び方のコツ」を1つずつ見ていきましょう!はじめに:ウォーターサーバー選びのコツとは?ウォーターサーバーの...

ウォーターサーバーについて調べていると、必ず天然水とRO水という言葉が目に入りますよね?このページでは、天然水とRO水の違いって一体何なんだろう?という方のために、それぞれの違いを簡単に解説していきますね。

管理人達が普段一言で言う「天然水」実は種類があるのはご存知ですか?お水の製法や成分によって、4つに分類されているんですよ。ミネラルウォーターの種類ここではひとつずつ種類ごとに特徴を解説していきますね。ナチュラルウォーター特定の水源から採取された鉱水または深井戸水のことをいいます。処理方法沈殿・ろ過・加熱殺菌に限定されています。ナチュラルミネラルウォーターナチュラルウォーターと原水は同じですが、水に...

「このお水は美味しい!」水が美味しいという言葉を最近はよく耳にするようになりましたね。一昔前の日本では考えられないくらい、お水にお金を払うという文化が定着しつつもありますよね(^^)さて、この記事では「どんな水をおいしいと感じるか」という点について解説していきますね。おいしいウォーターサーバーをお探しの方に参考になればと思います。おいしい水の条件って?水をおいしいと感じる条件にはいろいろな要素が含...

ここではおいしい水の反対のまずい水が生まれる仕組みについて解説しています。旅行などに行った時に、ココのお水は美味しい!とか、ココのお水はなんか臭くてまずい・・・なんていう経験があると思います。その理由を探っていきましょう(^^)まずい水はどうやってできる?塩素一般的に言われるまずい水というのは、嫌な臭いがしたりする特徴がよく挙げられますよね。水道水は一部をのぞくと、そのほとんどが塩素によって消毒さ...

お水の成分には主にカルシウム・マグネシウムが含まれています。実はお水の硬度と言われるものは、この2つの成分が水1000ml中にどれくらい含まれているかを表しているんですよ。WHO(世界保健機関)の出している基準の数値だと、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」としています。つまり、カルシウムやマグネシウムが多く入った水のことを硬水と呼ぶのですね。日本の水道水は?日本の水道...

まずい水ってどんな水?で少しふれた塩素ですが、いったいどのタイミングで投入されているのでしょうか?水質の汚染が進めば進むほど多くなる塩素、その投入時期を探りました。塩素は2回投入されている一般的には水道水に投入する塩素は、2回のタイミングで投入されていると言われています。1回目これは、採水地の水を貯める貯水槽に投入されます。採水現場の水から、アンモニアやプランクトンなど、雑菌消毒するために投入して...

管理人達人間だけではなく、動物や植物なども必ず体内に水分を含んでいます。生物によってその含まれている量は異なりますが、人間の成人男性でおよそ60%成人女性では50%程度といわれていますよね。水分量は男性のほうが多い女性を約10%上回っている水分ですが、逆に脂肪分は女性のほうが約10%上回っています。なのでどちらにしろ差はあまりないと言えますね。年齢とともに低下する水分量体内にある水分は年齢とともに...

管理人達人間の体の大半をしめる水。70kgの成人男性なら約42kg50kgの成人女性なら約25kgと、非常に多くの水分を含んでいますよね。さて、水分だらけの管理人達の体ですが、一日に必要な水分量はどれくらいなのでしょうか?人間に必要な水分量いろいろな学説があるとされていますが、広く認知されているのは1日約2リットル〜2.5リットルと言われています。水分は水や飲み物だけではないここで真っ先に、水を2...