卓上サーバーと床置きサーバーの違い

ウォーターサーバーには卓上タイプと呼ばれるものと、
床置きタイプと呼ばれる2つのタイプがあるのを耳にしたことがあると思います。

 

これはその名の通り、床に直接置く背の高いサーバーか、
テーブルなどの上に置く卓上タイプのサーバーをあらわしています。

サーバーの大きさ比較画像

画像で見るとこんな感じですね。

細かい違いはあるの?

実はそこまで細かい違いはありません。

 

大きさの分電気代がちょっと違ったり・・・などの違いで、
基本的な使い方や機能はあまり変わらないんですよね。

 

なので置く場所で選ぶ・・・という選択になってきますね。

卓上か床置で迷ったら

卓上か床置で迷うことって少ないと思いますが、
参考までにちょっとした使い方で比べてみましょう。

 

ちなみに床置の背が高いタイプのほうが利用者は多いですよ。

スペースがあるか確認する

サーバー本体を置くスペースがあるかをきちんと確認しましょう。

 

どうしても卓上がいいという場合でも、お水をコップに注ぎやすい位置かどうか、
そしてちゃんと置くスペースは確保できるかを確認しましょうね。

 

床置タイプの場合もコレは一緒です。

 

 

床置きの場合は理想とする位置にきちんと収まるかどうかを考えて導入します。

意外と忘れがちなコンセント

お湯も冷水も出すのでコンセントを使用しますよ。

 

ここ、意外と知らない方もいるんですよね。

 

 

冷静になって考えると分かるのですが、
いざ注文してからでは手遅れです。

 

 

なのできちんと、「電源を確保できる場所」ということも頭に入れておきましょうね(^^)

サーバーの大きさの違い関連ページ

ウォーターサーバーがいらない家庭とは?3つのポイントでチェック!
ウォーターサーバーの需要は高まっていますが、ただブームだからといって注文すればいいわけではありません。必要あるか、必要ないかを正しく判断しましょう。
リターナブルボトルとワンウェイボトルの違い
ウォーターサーバーメーカーの中でも、お水を入れる容器は違います。硬いものもあれば柔らかいものもある。その違いや性質について解説します。
ウォーターサーバー 便利な使い方3つのポイント
ウォーターサーバーの便利な使い方を3つのポイントでご紹介します。