ウォーターサーバーのボトルはどう違う?

お水の容器の種類は大きく分けて2つに分類されています。

 

返却が必要なリターナブルと呼ばれるガロンボトル、
そして返却不要で捨てることのできるワンウェイボトルがあります。

リターナブルって何?

クリクラやアクアクララ、アルピナウォーターなどに代表されるタイプですね。

アクアクララのリターナブルボトル

ボトルを使った後、次のお水の配達まで取っておき、
新しいボトルをもらう際に返却します。

 

つまりは、ボトルを再利用するタイプということですね。

リターナブルのメリット

  • エコである
  • 水を安くできる
  • ゴミがでない

と、簡単に書くとこんな感じになりますね。

 

容器を作らない分お水が低価格なメーカーが多いですね。

リターナブルのデメリット

  • ボトルが邪魔になる
  • ボトルに傷などが見える

返却をする必要があるので、
それまで保管しないといけません。

 

ちょっとそれが面倒くさいという声も。

 

ボトルを再利用しているため、
傷などが見えることもあります。

 

衛生面で不安に思われる方もいるかもしれませんが、
きちんとボトルの処理を工場でしているので逆に安心できるという声も多いです。

ワンウェイって何?

ワンウェイボトルはコスモウォーターやMCMなどに代表されるシステムです。

 

ボトルの素材が柔らかくなっていて、
そのまま潰して捨てることができます。

 

サーバーに設置している際、水が減るとそのままへこんでいくので、
空気が入りにくくて水の新鮮さを維持できるとも言われていますね。

ワンウェイボトルのメリット

  • 返却しなくていい
  • 空気が入りにくい
  • 自分で捨てれる

新鮮さが重要な天然水で多く採用されているシステムですね。

ワンウェイボトルのデメリット

  • 意外と邪魔になる
  • エコじゃない
  • 価格が高い

使い捨てのため、やはりコストが少々かかっているのか、
値段がリターナブルに比べて高いところが多いですね。

ボトルのゴミ

それと、ゴミで捨てれるとはいえ意外と大きくて邪魔になります(笑)

 

管理人はどちらも使ったことありますが、
特に不便と思ったことはありませんでした。

 

強いて言うなら、取っ手がないメーカーもあるので、
その時はちょっときつかったです^^;

 

フレシャスなどのように、ボトルではなく袋に水が入っているメーカーも有ります。

 

これは、軽いですし折り畳めるのでゴミとしても邪魔にならず、
女性にとても人気がありますね。

結局ボトルはどっちがいいの?

使い方などはほぼ一緒なので、

  • ボトルの置き場所
  • 交換の手間

この2つを中心に考えて選ぶといいですよ。

 

空きボトルは置いて置けるか、ゴミとして出すか。
交換のしやすさを重視してボトルではなく袋タイプにするか

 

などなど。

 

あくまで、ボトルの差でしかないので、
結局は総合的な部分で選ぶことになります。

 

なので、どーしてもボトルで迷っている・・・。
という方でしたら是非この記事をお役に立ててくださいね(^^)

リターナブルボトルとワンウェイボトルの違い関連ページ

ウォーターサーバーがいらない家庭とは?3つのポイントでチェック!
ウォーターサーバーの需要は高まっていますが、ただブームだからといって注文すればいいわけではありません。必要あるか、必要ないかを正しく判断しましょう。
サーバーの大きさの違い
基本的にウォーターサーバーには2つの大きさがあります。卓上タイプと床置きタイプ。その2つの特徴を解説しています。
ウォーターサーバー 便利な使い方3つのポイント
ウォーターサーバーの便利な使い方を3つのポイントでご紹介します。